ipadアプリ開発を委託する会社選びのポイント

iOSアプリとは?

iOSアプリとは、iphoneやipadといったapple製品に搭載された独自のOS(オペレーションシステム)によって利用できるアプリケーションの総称のことを言います。

アプリ開発の依頼の流れ

企画

アプリ開発を依頼するにあたって、自社で開発したいiOSアプリの概要を担当者がヒアリングします。その上でオープンソースであるiOSのカスタマイズ性を活かしたアプリを企画・サポートいたします。何か不明点があれば、まずは担当者にご相談ください。

設計

ヒアリングで自社が要望した内容と企画に基づいて、基本・画面設計や詳細設計を行ないます。設計では、自社でターゲットとしている年齢層や性別から細かく、システムや仕様を考えてくれます。そして、開発に必要な要件定義書・仕様設計書を作り、お客様に提示します。

開発

iphoneやipadなどのスマホ端末のインターフェイスに熟知したデザイナーやプログラマーが、要件定義書または仕様・設計書に基づいて、アプリ開発を進めていきます。アプリ開発にかかる期間は作るアプリや依頼する会社によって異なるので事前に確認しておきましょう。

動作確認

開発後にアプリに不具合がないかを確認するために、動作確認をデバック要員が行います。動作確認では機能毎に行なう単体テストおよび全パーツを組み合わせた後の結合テストを実施し、ユーザーにとって安心できるアプリかどうかを判断します。

リリース

依頼したアプリが完成すれば、後はapplestoreへの審査申請やデベロッパープログラムの登録などの手間がかかる登録申請を行ないましょう。そして、審査を通過すれば正式にapplestoreにてiOSアプリをリリースすることができます。

ipadアプリ開発を委託する会社選びのポイント

女の人

アプリ開発の実績が豊富か

iphoneやipadなどのアプリ開発を委託できる会社は、全国各地に存在しています。しかし、アプリ開発会社にはそれぞれ開発実績の豊富さが違います。当然のこと、アプリ開発実績が豊富なところの方がノウハウや技術を持っていると考えられるので、アプリ開発を委託する際には実績が豊富な会社を選ぶようにしましょう。

プラスアルファの提案

こちらの要望を聞いてくれることが前提条件ですが、それに加えてプラスアルファの提案をしてくれるアプリ開発会社を選ぶことをおすすめします。プラスアルファの提案をしてくれるということは、技術や知識を持っているということの証であり、サポート体制の充実さにも期待できます。

料金は明朗かどうか

アプリ開発にかかる費用というものは、作るアプリや制作会社によって異なるために明確な料金や相場というものはわかりません。ですが、概算見積もりの場合には料金の明朗さはわからないものの、要件定義がされた後の見積もりでは全ての費用が明確になっています。そのため、要件定義後の見積もりにて曖昧な見積もりをするところは選ばないようにしましょう。